ビタミン

するっ茶の魅力的な成分E健康を維持する10種類のビタミン!

 

するっ茶には10種類ものビタミン類が含まれています。
その10種類のビタミン類の簡単な効果と各ビタミンが含まれる食べ物の一部をご紹介します。

 

 

 

 

ビタミンB6

 

皮膚の再生効果やお肌の維持を助ける栄養素。

 

主な食べ物としては、

 

  • にんにく
  • パセリ
  • かぶ
  • 抹茶
  • マグロ
  • 唐辛子

などが、挙げられます。

 

ビタミンE

 

細胞膜の酸化を防ぐ作用があり、動脈硬化の予防にも繋がります。

 

主な食べ物としては、

 

  • アーモンド
  • うなぎ
  • 赤ピーマン
  • かずのこ
  • とうがらし

などが、挙げられます。

 

ナイアシン

 

糖質や糖分をエネルギーに変え、血行を良くしお肌の新陳代謝をあげてくれます。
また、ナイアシンを豊富に摂取する事により二日酔い防止にも役立ちます。

 

主な食べ物としては、

 

  • たらこ
  • かつお
  • 牛レバー
  • 鶏むね肉
  • エリンギ
  • 海苔

などが、挙げられます。

 

ビタミンB2

 

粘膜や皮膚の保護作用があり、エネルギー代謝を補助する役割があります。

 

主な食べ物としては、

 

  • チーズ類
  • 玉子
  • 納豆
  • 肝臓肉類
  • 生ウニ
  • イクラ

などが、挙げられます。

 

ビタミンB1

 

神経系(中枢、末梢)の機能維持に必要なエネルギーの元にもなり、疲労回復にも効果があります。

 

主な食べ物としては、

 

  • すっぽん
  • しらこ
  • グリンピース
  • ドリアン
  • 抹茶
  • うなぎ

などが、挙げられます。

 

 

 

 

ビタミンC

 

ビタミンCの効果や作用は多岐に渡ります。摂取自体も難しくないので1日の成人摂取量100mlは毎日摂りたいですね。

 

主な食べ物としては野菜や果物が良いです。

 

  • トマピー
  • カリフラワー
  • ピーマン
  • ケール
  • キウイ
  • パパイア
  • グレープフルーツ
  • アセロラ

などが、挙げられます。

 

葉酸

 

妊活や妊娠中の方には良く知られていると思います。特に妊婦の方は成人女性の2倍の葉酸摂取が推奨されています。
また、心筋梗塞や動脈酵素予防にも効果が発揮されるそうです。

 

主な食べ物としては、

 

  • アスパラガス
  • 芽キャベツ
  • 春菊
  • 枝豆
  • ほうれん草
  • ドリアン
  • マンゴー
  • 玉露

などが、挙げられます。

 

ビタミンB12

 

核酸のDNA合成には葉酸と共に摂取しないといけません。
またビタミンB12は胃腸や骨髄に多く不足するとこれらの組織に悪影響を及ぼします。

 

主な食べ物としては、

 

  • からすみ
  • ほっけ
  • スルメ
  • 肝臓肉類
  • あさり
  • ホタテ

などが、挙げられます。

 

ビタミンA

 

上皮細胞や粘膜の機能を助け乾燥から守り潤いを保つ効果があります。

 

主な食べ物としては、

 

  • 鶏レバー
  • 豚レバー
  • うなぎ
  • ぎんだら
  • 穴子
  • 乳脂肪

などが、挙げられます。

 

ビタミンD

 

大きな特徴として、カルシウムの体内吸収を促進させる効果があります。

 

主な食べ物としては、

 

  • しらす
  • いくら
  • サンマ
  • まいたけ
  • うなぎ

などが、挙げられます。

 

もうお分かりだと思いますが、これだけのビタミン類を食事で全て補えますか?
ハッキリ言って毎日補うのは難しいことです。

 

ですが、「するっ茶」と食事を合わせるとどうでしょうか?
多忙な毎日を過ごされている方でも10種類のビタミンを摂取できますよね♪

 

1つだけの簡単なポイントは、今まで飲んでいた飲み物を1回「するっ茶」にするだけの事ですよ。