「緑茶」「烏龍茶」「紅茶」の違いとは何なの?

「緑茶」「烏龍茶」「紅茶」の違いとは何なの?

 

味は全然違う3種類のお茶ですが、実はすべて同じ茶葉なのです。
その茶葉は学名が「カメリアシネンシス」というツバキ科の茶の樹の葉です。

 

ようは3種類ともその製法の違いで酸化発酵の長さで分けられています。

 

そもそも酸化発酵とは、摘んできた茶葉を過熱させる前にねかせ酸化させた状態の工程の事を、酸化発酵と呼んでいます。

 

それでは、「緑茶」「烏龍茶」「紅茶」はどの様にして作られているのか見てみましょう。

 

〇緑茶

 

不発酵茶=摘んできた茶葉をねかせずにすぐに加熱(蒸す)させます。
酸化発酵をさせないのが緑茶です。

 

〇烏龍茶

 

半発酵茶=摘んできた茶葉をねかせて酵素を活性化させます。そこから加熱(炒る)させます。酸化発酵だけでなく加熱(炒る)する事で烏龍茶になります。

 

〇紅茶

 

完全発酵茶=加熱させず完全に酸化発酵をしてしまいます。

 

このような工程を経て、「緑茶」「烏龍茶」「紅茶」は同じ茶葉から誕生していた訳ですね。

 

「緑茶」「烏龍茶」「紅茶」の違いとは何なの?関連ページ

緑茶と抹茶の違いについて
鈴木亜美さんが愛飲しておすすめしている「するっ茶」の口コミや効果はどうでしょうか? また、鈴木亜美さんが「するっ茶」をおすすめする理由を成分からも検証しました。
黒烏龍茶と烏龍茶の違い
鈴木亜美さんが愛飲しておすすめしている「するっ茶」の口コミや効果はどうでしょうか? また、鈴木亜美さんが「するっ茶」をおすすめする理由を成分からも検証しました。