黒烏龍茶と烏龍茶の違い

黒烏龍茶と烏龍茶の違いとは?

 

黒烏龍茶と普通の烏龍茶との大きな違いは、ポリフェノール含有量の違いとなります。

 

 

脂肪の吸収を抑えるポリフェノールの働きによって、食事を終えた後の中性脂肪が血中ないでの上昇を抑える事により、
体に脂肪が付きにくくなるのですが、このポリフェノールの含有量が圧倒的に多く含まれているのが黒烏龍茶になります。

 

また、ポリフェノールの含有量が多さが、
普通の烏龍茶よりも黒い色にしているのです。

 

これが烏龍茶と黒烏龍茶の違いです。

 

味に関しては、普通の烏龍茶よりもポリフェノールが多く含まれている分、黒烏龍茶は濃い味と渋みが強いです。
しかし強いと言っても極端にではなく普通の烏龍茶でも濃くすれば同じ様な味になります。

 

ただ、黒烏龍茶の認識も各メーカーによって様々で、濃い烏龍茶を黒烏龍茶として出している所もありますので、ダイエット
や中性脂肪が気になる方は、黒烏龍茶を買う時に成分内容を確認して購入するべきでしょう。(トクホ認定の黒烏龍茶なら確実です)

 

黒烏龍茶と烏龍茶の違い関連ページ

緑茶と抹茶の違いについて
鈴木亜美さんが愛飲しておすすめしている「するっ茶」の口コミや効果はどうでしょうか? また、鈴木亜美さんが「するっ茶」をおすすめする理由を成分からも検証しました。