お茶に関する雑学

お茶に関する雑学記事一覧

煎茶、ほうじ茶、抹茶など日本茶と言われるお茶は緑茶と言われています。緑茶は、ツバキ科のカメリア・シネンシスという茶の木から作られます。茶の木の品種は色々とあり、良く知られているのがやぶきたです。その他にゆたかみどり・さやまかおり・かなやみどり・おくみどり・べにふうき・つゆひかり・さえみどり・ふうしゅんなど様々な品種があります。緑茶には、渋味成分のカテキン・苦味成分のカフェイン・うま味成分のテアニン...

黒烏龍茶と普通の烏龍茶との大きな違いは、ポリフェノール含有量の違いとなります。脂肪の吸収を抑えるポリフェノールの働きによって、食事を終えた後の中性脂肪が血中ないでの上昇を抑える事により、体に脂肪が付きにくくなるのですが、このポリフェノールの含有量が圧倒的に多く含まれているのが黒烏龍茶になります。また、ポリフェノールの含有量が多さが、普通の烏龍茶よりも黒い色にしているのです。これが烏龍茶と黒烏龍茶の...

味は全然違う3種類のお茶ですが、実はすべて同じ茶葉なのです。その茶葉は学名が「カメリアシネンシス」というツバキ科の茶の樹の葉です。ようは3種類ともその製法の違いで酸化発酵の長さで分けられています。そもそも酸化発酵とは、摘んできた茶葉を過熱させる前にねかせ酸化させた状態の工程の事を、酸化発酵と呼んでいます。それでは、「緑茶」「烏龍茶」「紅茶」はどの様にして作られているのか見てみましょう。〇緑茶不発酵...